トップページ >オンラインゲーム> 前科者をオンラインゲームから一斉追放

前科者をオンラインゲームから一斉追放

13010621_green_power.jpg

オンラインゲームがこんなにも流行した理由のひとつに、仲間と交流しながらプレイできるという点があるでしょう。

普通に独りで機械に向き合ってプレイするスタイルも一般的ですが、ネット上で新しいコネクションを作って、馴染みの仲間と協力し合いながらゲーム内の課題をクリアしていくことで、現実に近い満足感を得られることができます。AI相手では決して満たされないポイントです。

多くのオンラインゲームは、匿名であるとはいえ、対人です。中には仲良くなったプレーヤー同士、実際に会うということもあるのではないでしょうか?一時期では危険視されていた行為ですが、今では普通なのかもしれませんね。

とはいえ、見知らぬ人に近づくことは大なり小なりリスクを伴います。この問題は実際に取りあげられているようで、アメリカのニューヨーク州では、オンラインゲーム上の前科犯を一斉に追い出す作戦が実施されたようです。

ニューヨークの検察は主に性犯罪を対象に前科がある者はメールアドレスやネット上で使用するスクリーンネームなどを届け出ないといけないという義務を負わせているそうです。

そのため、それらの情報を基に仲間で盛り上がるクリスマスを前に、一斉に前科者のカウントを閉鎖。のべ3,500人以上のアカウントが削除されたということです。

前科者とはいえ、何もしないうちからアカウントを削除されるのはちょっとかわいそうと思うかもしれません。でも近年、オンラインゲームを出会いの場として未成年を呼び出し、性犯罪に及ぶケースが増えているそうです。

前途洋々たる未来を持つ子供たちを守るためなら、ゲームを楽しむ権利の放棄も、当然のことなのかもしれません。

 

 

無料オンラインゲーム 前科者をオンラインゲームから一斉追放Page Top ▲